アンナ・ニコル・スミスの処方箋を書いた医師が取り調べ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンナ・ニコル・スミス - Kevin Mazur / WireImage.com / MediaVast Japan

 先月、薬物の過剰摂取が原因で亡くなったアンナ・ニコル・スミスの部屋にあった11種類もの薬の処方箋を書いていた医師が取り調べを受けることになった。調査に乗り出したのは警察ではなく、カリフォルニア州医事当局。エロシェヴィッチ医師はロサンゼルスの精神科医でスミスとは仲の良い友人関係にあったらしい。11種類の薬物のうち、8種類の処方箋はスミスの恋人のハワード・K・スターン氏用に処方され、ほかの薬も他人のために書かれたものであることが判明。スミス自身の名前で処方されている薬は1つもなかったという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]