リース・ウィザースプーン、実話を基にした小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リース・ウィザースプーン - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 リース・ウィザースプーンが主宰するタイプA・フィルムズが、実際にアメリカで起きた高校生による残忍な殺人事件を描いた小説の映画化を進めていることが明らかになった。小説はレベッカ・ゴッドフレイの「アンダー・ザ・ブリッジ」(原題)で、『ロード・オブ・ドッグタウン』のキャサリン・ハードウィックが監督候補に挙がっている。ウィザースプーンが映画へ出演するかは明らかにされていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]