調子に乗りすぎ!?  ルー大柴が女性とトゥギャザーしちゃった!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラブ(愛)をセンド(送る)しているルーティーチャー。

 15日、ある日、突然自分が小説の主人公で、もうすぐ死ぬ筋書きになっていることを知った主人公が、自分の人生を取り戻すべく奮闘する様を描いた『主人公は僕だった』の試写会が開催された。特別ゲストには、最近、自身のブログが大人気で、まさに今“主人公は僕”状態のルー大柴が登場した。

 本作を観た感想について「ライフ(人生)というものは、バイマイセルフ(自分自身)でライトリペア(書き直す)ことがポッシブル(可能)なのさ! トゥギャザーしようぜー!!」とおなじみのカタカナ交じりの熱いトークを披露したルー大柴。“ルーティーチャー(ルー先生)の特別授業”と題して、会場の観客からのお悩み相談に応じた。

 相談者の女性からは「男性と付き合っても、愛してるとか、愛されているとか感じないんです」と恋のお悩みを提出された。するとルーティチャーは、「君はもっと素直になるべきだよ、特別にラブ(愛)を伝えてあげる」とおもむろにメガネを外しながら相談者ににじり寄ると、そっとハグをした!

[PR]

ルーティーチャーに抱きしめられ、怯えてプルプルと震える相談者をよそに、そのままの体勢でしばし愛を伝えるルーティーチャー。その愛はしっかりと伝わったようで、相談者の女性は「はい、これからはもっと素直になります」と清清しい笑顔を浮かべていた。その反応に満足げなルーティーチャーは、お得意の「トゥギャザーしようぜー!」の決めゼリフで授業を締めくくった。

『主人公は僕だった』は5月19日より日比谷みゆき座ほかにて公開。
『主人公は僕だった』オフィシャルサイト sonypictures.jp

ルー大柴オフィシャルブログ“TOGETHER” ameblo.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]