スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス映画がコンペにないことを弁護

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・フリアーズ - Richard Lewis / WireImage.com / MediaVast Japan

 カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めているイギリスのスティーヴン・フリアーズ監督が、今年のコンペティション部門にイギリス映画が無いことについて「特に深刻な問題ではない」とコメントした。昨年のカンヌでは、ケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』が最高賞のパルムドールを受賞したが、今年はイギリスからのエントリーはない。ガーディアン・オンラインによると、フリアーズ監督はそれについて「映画配給の世界は複雑だ。次のケン・ローチの作品はベネチア国際映画祭に間に合うだろう。どうなるか、予測は不可能だよ」と語った。また、「アメリカ映画に支配されている世界で、我々はそれに反抗するかのように映画を作り続けている。もちろん僕はアメリカ映画は大好きだがね。アメリカの支配の中でやるしかないし、最近ではますます大変になっている」と、ハリウッドの影響力の強さについてもコメントした。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]