竹内結子の舞台あいさつにハプニング続出?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
晴れやかな笑顔の竹内。

 23日、『サイドカーに犬』の初日舞台あいさつが行なわれ、1年半ぶりにスクリーンに復帰した竹内結子が舞台あいさつに登壇した。

 おめでたい初日に周囲をヒヤッとさせるトラブルがふたつも発生した。ひとつは、マイクの調子が悪かったこと。このトラブルは、差し替えられたマイクをもった根岸吉太郎監督が「ふぁ、ふぁ、ふぁ」と呪文のような言葉を唱えて無事解決。その不思議な呪文を聞いて、監督の隣にいた竹内が思わず吹き出してしまうという、楽しいハプニングだった。

 問題はもうひとつのハプニング。舞台あいさつを終えた登壇者たちが、客席の間の通路を通って退場しようとしたとき、突然ファンが立ち上がって花束を竹内に渡そうとしたのだ。もちろんそのような行為は舞台あいさつでは禁止されており、その男性ファンはすぐ主催者側に止められた。幸い、その後は何ごともなく静かに舞台あいさつは終了した。この男性は竹内の大ファンで、以前にも同じようなことをしたことがあったようだ。関係者らはあらかじめチェックしていたようだが、突然のハプニングに劇場内には一瞬緊張が走った。

[PR]

 『サイドカーに犬』は、1980年代の夏を舞台に、10歳の少女と破天荒な女性との心の交流を優しく描き、竹内結子が新境地を開拓した話題作。3月末の完成記者会見から約3か月、やっと迎えた初日に竹内は感慨もひとしおのようだった。

『サイドカーに犬』は6月23日よりシネスイッチ銀座ほかにて公開。
『サイドカーに犬』オフィシャルサイト sidecar-movie.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]