西田敏行もビリーズブートキャンプにハマっていた!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご利益がありそうな笑顔を浮かべる西田と妻夫木。

 23日、初日を迎えた『憑神(つきがみ)』の舞台あいさつが行われ、主演の妻夫木聡西田敏行ら共演者、そして、降旗康男監督が登壇した。

 企画の段階から参加した作品とあって、満員の客席を見て、うれしそうな笑顔を見せた妻夫木聡。一方、共演の西田敏行は、米米クラブが歌う主題歌について触れ「この曲で、今、流行のあれをやれば、絶対にやせる」と現在、大ブームのビリーズブートキャンプに興味津々の様子だ。そんな西田は、妻夫木演じる下級武士にとりつく貧乏神を演じたが、同じ時期、こともあろうに、宝くじのキャンペーンCMで“福の神”にふんしていたことが判明。危うく、CM契約違反(?)の事態だったが「特に、問題にはならなかった。やっぱり、わたしはついている」と作品にちなんだ発言で、場を和ませていた。

 また、初代・実写版ちびまる子ちゃんとして知られる人気子役の森迫永衣は、今回、死神役にふんし、妻夫木と年の離れたラブロマンスも演じてみせた。それだけに、壇上の妻夫木に熱い視線を投げかける女性ファンに気を使ったのか「どうか、ファンの皆さん、わたしを恨まないでください」と恐る恐るコメント。これには、客席のあちこちから「かわいい~」の声が飛び、見事にファンのジェラシーを回避した森迫だった。

『憑神(つきがみ)』は絶賛公開中。
『憑神(つきがみ)』オフィシャルサイト tsukigami.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]