新婚の宮崎あおい、イタリアで夏休み

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
凱旋(がいせん)帰国した、『サッド ヴァケイション』ご一行

 8日、青山真治監督の北九州3部作の最終章である『サッド ヴァケイション』の初日舞台あいさつが行われ浅野忠信石田えり宮崎あおい板谷由夏オダギリジョーとよた真帆光石研斉藤陽一郎、そして青山監督が登壇した。

 今年のヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門のオープニング上映で、ワールドプレミアを飾った本作。開催地のイタリアから帰国間もない一行による、映画祭参加の感想が公の場で初めて語られる凱旋(がいせん)会見を兼ねていた。

 オダギリは、「時間的に余裕もあって、島巡りをして楽しかった。大勢(=9名)で過ごした楽しさは貴重でした」と団体で過ごす楽しさを笑顔で語った。新婚の宮崎も「スケジュール的にもゆったりとして楽だったので、夏休み気分でした」と充実さを物語る満面の笑みを浮かべていた。とよたも「陽気でカジュアルな映画祭でした」と華やかな思い出話
が飛び出すのかと思いきや「蚊が多くて眠れないほど」という裏話的な方向に。

[PR]

 続いて、司会者から「浅野さんも蚊に悩みましたか?」と問われ「いいえ、そんなに」と淡々と返答。司会者は思わず「(浅野さんの血液は)おいしくないんですかねえ」といった珍妙なやりとりに発展するも、浅野は「滞在していたリド島は、あまり“おいしい”食べものがなくて(笑)。でも、気になっていたおいしいレストランに行けた」との絶妙な
切り返しで軌道修正。「思い入れのある作品なので、初日を迎えられてうれしい」と満場の客席に対する喜びを述べた。登壇者一同、すがすがしい笑顔を見せていたのが印象的だった。

 『サッド ヴァケイション』は『Helpless』、『EUREKA ユリイカ』に続く北九州3部作。幼少期に母親に捨てられた健次(浅野)が母(石田)と再会し復しゅうをたくらむも、運命に翻弄(ほんろう)される様を描きつつ、すべてを包み込み生きる女たちをつづる物語。

『サッド ヴァケイション』はシネマライズほかにて全国公開中
オフィシャルサイト sadvacation.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]