マドンナ夫妻、 マラウイ児童福祉局からの訪問を受ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マドンナ夫妻 - Gregg DeGuire/WireImage.com

 2006年10月にアフリカ南部のマラウイ共和国から男の子を養子に取ったマドンナとガイ・リッチー夫妻が、マラウイの児童福祉局からの訪問を受けた。マドンナ夫妻はデヴィッド・バンダ君の親権を18か月間という期限付きで得ており、今回の視察で親としての適正を判断される。正式な養子縁組は、子供が望ましい扱いを受けているとマラウイ当局から認められて初めて成立する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]