ブラッド・ピット、建築家としての顔は「弱い人々を助けるのが使命」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
完ぺきな正義の味方です!

 映画スターとしてのブラッド・ピットは誰もが知っている。しかし彼の建築家としての一面を知る人は果たしてどれくらいいるのだろうか。そして、その技能を生かすべく、実際にニューオーリンズへ赴き、一昨年のハリケーン・カトリーナで家を失った貧しい人たちのための集団住宅建設に貢献しているという事実は……?

 「大学の専攻を建築学にすれば良かったよ」とボヤくほどブラッドの建築学への意気込みは知る人ぞ知るところ。スケッチブックをいつも持ち歩いてヒマさえあれば図面を引いたり、家の間取りを考えたりする位はまだ序の口。何と有名建築家のフランク・ゲーリーの“非公式”の弟子として、ロサンゼルスにある有名な建築家のゲーリーのオフィスに出入りしているという話は、一時期ビジネス紙でも報道されたほど。そんなブラッドが自分の建築知識を生かした慈善事業に取り組んでいる。

 アメリカ至上最悪の被害を出したハリケーン・カトリーナが、ルイジアナ州で猛威を振るってから今年の8月末で、はや2年がたった。それにもかかわらず至るところで、当時とまったく同じ様相を見せるニューオーリンズ。がれきの山の前でインタビューを受けたブラッドは、「弱い人々を助けるのが我々の使命のはずなのに……。2年前の被災当時そのままの地域もあるんだよ。政府にとって恥ずべき行為で被害者への冒とくにあたる」 とやり切れない気持ちで語る。

 崩壊した民家が散乱し、今やゴーストタウンと化した貧しい地域を悲痛な表情で見渡すブラッド。「それで思ったんだ。じゃあ自分たちで助けようじゃないかってね」と彼が選んだチャリティー団体は、「グローバルグリーン」という地球緑化を支援する世界規模のチャリティー団体。環境に優しい家屋の建設にも力を入れるこの団体は、ハリケーン・カトリーナで被害に遭い、2年たつ今でも政府の補助が受けられずに悲惨なトレーラー生活を強いられている人々のために、集団住宅の建設に貢献している。ブラッドとグローバルグリーンの呼びかけで一般公募の住宅デザインを募り、寄せられた3000件の候補の中から選出した。

[PR]

 そしてこの度、そのデザインを元にニューオーリンズで建設が進む環境フレンドリー集団住宅をブラッドが自ら披露した。「『光熱費は必要経費である』という考え方は非常にバカげた現代人のコンセプトなんだ。家を建てる向きや窓の位置、太陽熱や風雨を、常日ごろからどれだけ生活に取り入れられるかを念頭においた建築デザインの家屋は、光熱費を65パーセント以上カットできる。この考え方は新しいものではなくて、昔からの知恵と常識を取り入れたものなんだ。世界のリーダー格にある一国として、こういうことでお手本になれたらと思ってる」と語ったブラッド。

 今回披露された、12世帯からなるグローバルグリーン集団住宅は、光熱費が何と本来の25%で済むように設計されているという画期的デザイン。「こういった集団住宅を被災地に建設することで、住民たちの長期的な経済援助にもなる」と熱く語るブラッド。

 ニューオーリンズには恋人のアンジェリーナ・ジョリーと、仮住まいを購入してプロジェクトに臨む構えだ。「自分も父親の立場だから、ここで助けを必要とするファミリーたちの生活向上への手助けを少しでもできれば、と思っているんだ」と笑顔で締めくくった。

 華やかな映画スターの世界とはかけ離れた、一般市民レベルで行われるブラッドのプロジェクト。贅沢三昧のセレブたちが横行するハリウッドで、自ら手を差しのべて自国の恵まれない人々のために助力するブラッドの姿は、まさに輝く星(スター)である。

グローバル・グリーンオフィシャルサイト globalgreen.org

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]