沢尻エリカと行定勲の熱い火花!『クローズド・ノート』撮影現場で沢尻、涙の猛烈ダッシュ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『クローズド・ノート』 - (C) 2007「クローズド・ノート」製作委員会

 沢尻エリカが主演する最新作『クローズド・ノート』が、明日公開される。本作は、2004年10月から2005年8月まで携帯サイトで連載され、100万アクセスを記録した、雫井脩介の同名小説を、『世界の中心で、愛を叫ぶ』の行定勲が監督した。1冊のノートによって結ばれていく、かけがえのないきずなを描いた切ないドラマ。撮影現場では女優、沢尻エリカ行定勲という2人の作り手が、静かに、熱い火花を散らしていた。

 本作の撮影は、今年3月から開始された。沢尻と伊勢谷友介が自転車に乗って心を通わせるシーン、そして、沢尻が涙をこらえながら走るシーンなど、京都市内で、多くのシーンが撮影された。鴨川のほとりでのロケには沢尻エリカの登場に、観光客が携帯のカメラを向けると、スタッフが慌てて止めに行く……。現場はいつの間にか、多くの野次馬に囲まれていたが、『世界の中心で、愛を叫ぶ』でも見せた美しい映像にこだわる行定監督らしく、映像の美しさには徹底的にこだわりぬきテイクを重ねていった。
 
 作中で登場する、沢尻演じる香惠が、涙をためて全速力で走りぬくシーンは、日が暮れるまでの時間との戦いだった。時間の余裕がなかったため、鴨川にかかる橋を全速力で走ることを、休むことなく繰り返した沢尻だったが、走り終わると、疲れた顔どころか、満足げな笑顔を見せる。何度も何度も走って、ようやく監督からOKが出たときは、沿道からも沢尻の見事なプロ根性をたたえる拍手が上がった。

 野次馬すらだまらせてしまった沢尻の女優魂と、行定勲の映像魂がぶつかり合って生まれた『クローズド・ノート』の美しい物語は、明日から始まる。

『クローズド・ノート』は、9月29日より全国にて公開
オフィシャルサイトclosed-note.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]