ゴラン・ヴィシュニック、DNA検査なしで子供を認知

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴラン・ヴィシュニック - Albert L. Ortega / wireimage.com

 記憶にないと子供を認知せず、訴えられていた「ER 緊急救命室」のゴラン・ヴィシュニックが一転して自分の子供である事を認めた。訴えていたのは女の子を生んだクロアチア人女性で、7月までは月1000ドル(約11万円)の養育費をもらっていたという。その後、送金が途絶えたため訴訟を起こし、今回の認知によって最高で月2000ドルの養育費をもらえる可能性があり、金額は今月末の裁定で決まる。ヴィシュニックは1999年に結婚しており、今年5月に養子を迎えたばかり。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]