“パフェおやじ”を直撃!深夜のファミレスでパフェを食べるのはなぜ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“空気パフェ”中の志賀廣太郎

 大ヒットDVD「THE3名様」のスピンオフ企画として、人気キャラクター“パフェおやじ”を大々的にフィーチャーしたDVD「THE3名様 スピンオフ 人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言」が発売されることになった。今、ちまたで話題のパフェおやじを演じる志賀廣太郎に直撃インタビューした。

 パフェおやじとは、深夜のファミレスに1人で現れては、無言でおいしそうにパフェを食べるという謎の多いキャラクター。現在、名脇役として映画やテレビで引っ張りだこの志賀だが、さすがにオファーが舞い込んだときは戸惑ったそうだ。「正直“何のこった?”と思いましたね(笑)」と志賀。手渡された台本にも「おやじがパフェを食べている」としか書いていなかったそうで「役作りは全然やってません」とのこと。

 とはいえ、やっぱり気になるのはパフェおやじの素性だ。そもそも、パフェおやじの職業って何ですか?と聞いてみると、「以前、軽いノリで定時制高校の教師ってことにしたんだけど(笑)……根拠があるわけじゃないし、はっきりと決まった人物設定はない……」そうで謎は深まるばかり。プライベートについて尋ねてみると「深夜のファミレスでパフェ食べるのが唯一の楽しみですからね。家庭に何かしらのストレスを感じてるってことじゃないですか」と妻子の存在をにおわせたが、やはり「その辺は誰も深く考えていない。ご覧になった方が自由に想像してくれれば」と観客に委ねた。

[PR]

 パフェおやじを演じる志賀本人も至って自然体だ。今回のスピンオフ企画については「主役なんで『おぉ、やってやろうじゃないか!』って思いましたね」といつも以上に気合いが入ったそうだが、いざ本番が始まればいつも通りのパフェおやじ。「あんまり面白おかしく、誇張した演技はしないようにしています。そっちの方がいかにもこういう人いそうだなって感じてもらえますからね」と名脇役ならではの役作りを語ってくれた。

 そんな志賀は今回、エンディングテーマ曲に挑戦。何と作曲も手掛けている。「いや作曲って言われると照れるけど、撮影当日に歌詞だけポンと渡されて、自分でメロディーを作ったんですよ」と志賀。ただそこにも志賀のこだわりがあり「でも曲の長さは僕次第ってことでしょ? だから思いっきり長い曲にしてやりました(笑)。これで紅白目指そうかな」と語った。パフェおやじのささやかな夢が哀調を帯びて歌われているエンディングテーマ曲は必聴だ。ところで、ご本人の夢は? と質問を投げかけてみると、

 「どんな仕事でも来るもの拒まずですけど……実は時代劇をやってみたいんだよね。それもうんと悪いやつを」と志賀。しかも「よくあるじゃないですか。着物の女性の帯をクルクルクル~ってやつ。女の人が『あ~れ~』って悲鳴を上げるシーンをいつかやりたいんだよね」と意外に(?)大胆な夢を語ってくれた。もちろんパフェおやじに関しても、今後シリーズが続く限り、全力で頑張ってくれるそうだが「(撮影に使われる)パフェのアイスが意外と硬いんだよね。僕アイス大好きだから、早く食べたいんだけど……あと、いつもバナナパフェばかりなので、たまにはイチゴやメロンのパフェも食べたいな」とスタッフへの注文も飛び出した。

 最後に自分が主役のDVDについて「レギュラーの3名様(佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史)は出ません! わたしだけです!!」と力強くアピールした志賀は「本当に楽しい現場だったんで、その雰囲気が伝わる内容になっていると思いますよ」と見どころを語ってくれた。

 「THE3名様 スピンオフ 人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言」は、パフェおやじ(志賀)が深夜のファミレスで繰り広げられるワケありな愛憎劇に、ボソっと名言でツッコミを入れるというシチュエーションコメディー。その内容は7つのエピソードから構成されている。

DVD「THE3名様 スピンオフ 人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言」は4月2日より発売
オフィシャルサイト the3youngmen.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]