名匠・市川崑監督が死去、92歳肺炎のため…葬儀は密葬

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
2006年に行われた第19回東京国際映画祭にて

 映画監督の市川崑(いちかわこん)が13日午前1時55分、肺炎のため亡くなった。92歳だった。市川監督は去る1月24日、息苦しいと訴え、都内の病院に入院。その後、小康状態が続いていたが本日未明、家族に見守られ亡くなった。告別式は親族のみの密葬となり、後日東宝が主催でお別れの会を開くとのこと。

 市川監督は1936年に『新説カチカチ山』の短編で監督デビューし、映画『 花ひらく 眞知子より』で本格的な長編映画デビューを飾る。映画『ビルマの竪琴』ではヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジョ賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞の候補にもなった。1976年には人気小説の映画化『犬神家の一族』が大ヒットし、さらになんとその30年後の2006年には90歳で映画『犬神家の一族』を再び石坂浩二の主演で自らリメーク。舞台あいさつにも積極的に出向いていた。

 2006年の映画の日、中央大会では「90歳を超えましたが映画をもう1本撮りたい」と健在ぶりを見せ、翌年には市川監督をリスペクトする岩井俊二監督によって映画『市川崑物語』も製作されるなど、まだまだ現役の監督としての活躍が期待されていた。

関連記事:萬田久子もエール! 市川崑 91歳……「もう1本撮りたい」宣言
関連作品:市川崑物語

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]