サマンサ・モートン、監督業に挑戦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サマンサ・モートン - Frazer Harrison / Getty Images

 映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『CODE46』で強い印象を残すイギリス人女優、サマンサ・モートンが、映画『アンラブド』という題名のドラマで監督デビューを果たすことになった。この作品は、養子にとられていく子どもの物語で、現実の話をモチーフにしている。しかしサマンサはデイリー・メール紙の中で「フィクションに仕立てたほうがやりやすいと思うわ。別の子どもたちの別の話を織り込むつもりよ」と語っている。撮影は9月開始を予定している。

関連記事:サマンサ・モートン、第二子を妊娠
関連記事:サマンサ・モートン、イアン・ホルムの息子と婚約

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]