クエンティン・タランティーノ監督、カンヌでレクチャーを

第61回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クエンティン・タランティーノ監督

 クエンティン・タランティーノ監督が、今年のカンヌ国際映画祭でお馴染みの映画クラス、「シネマ・マスタークラス」の講師としてレクチャーすることになった。これまでこの映画クラスでは、スティーヴン・フリアースナンニ・モレッティシドニー・ポラックら名だたる監督たちがレクチャーをしており、昨年はマーティン・スコセッシ監督が教壇に立つなど、映画ファンのみならず、業界人にとっても人気絶大のイベントだ。タランティーノ監督は1994年に『パルプ・フィクション』でカンヌ映画祭最高賞のパルムドールを受賞したほか、2004年には審査委員長も務め、カンヌではすっかり常連の参加者。映画祭主催者によると、クラスではタランティーノ監督独特の映画愛、映画への情熱や映画作りについて語ってもらう予定。

【関連記事】男と男の約束だっ! あのタランティーノ監督が千葉真一と“幻の企画”を始動?
【関連記事】タランティーノが来た!『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』会見にマスコミ殺到!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]