ミラマックス、『列車に乗った男』をハリウッドリメイク

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ビリー・ボブ・ソーントン - Jeff Vespa/WireImage.com

 ミラマックスが、2002年のフランス映画『列車に乗った男』をハリウッドリメイクすることが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、映画『幸せのポートレート』のトーマス・ベズーチャが監督として交渉中で、ビリー・ボブ・ソーントンが作品に興味を持っているといわれている。脚本は映画『マンハッタン・ミステリー/消えた黒い箱』のダニエル・タプリッツが手掛け、ボブ・クーパーがプロデュースする。

 『列車に乗った男』は、実直な老教授と銀行強盗をもくろむ中年男が偶然出会い、育まれた奇妙な友情を描く感動のドラマだ。オリジナルは、パトリス・ルコント監督がメガホンを取り、ジャン・ロシュフォールジョニー・アリディが主演を務め、2002年のヴェネチア映画祭で一般観客最優秀作品賞を獲得している。ソーントンの出演が決まれば老教授を演じるとうわさされていて、多才なカメレオン俳優といわれるソーントンが新たな顔を魅せてくれるのは確実だろう。

【関連記事】ビリー・ボブ・ソーントン、シャイア・ラブーフ主演映画へ出演
【関連記事】ビリー・ボブ・ソーントンに4人目の子供
【関連記事】ビリー・ボブ・ソーントン、また結婚?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]