ガキ使のキスおばちゃんに独占インタビュー!ベッドシーンは冥土のみやげ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
……!(無言)。

 バラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の“キスおばちゃん”として大人気の浅見千代子に、初主演映画『少林老女』について話を聞いた。インタビューでは普段の無口なイメージから一変、映画の見どころから謎に包まれたプライベートまで(?)ノンストップで語り尽くしてくれた。【関連写真はこちら】

 浅見が演じるのは、一度は引退しながらも再び少林拳の道を極めようとするヒロイン“美代子”役。もちろん普段のキャラを崩さないためセリフは一切無いが、アクションにも挑戦する役どころだ。「映画の主演なんて夢にも思わなかったし、半信半疑だったわ。アクションもあるから正直不安だったけど、どうしてもって口説かれちゃってねぇ」と振り返る浅見。劇中には、ラブホテルでロマンスグレーのおじ様とのベッドシーンもあるが「相手の男の人が、ふとんに潜ってきてコチョコチョしてくるじゃな~い。わたしも何十年ぶりだからさぁ(爆笑)、うれしくなっちゃって。ホント冥土のみやげよね」とお色気も余裕でこなしたそうだ。

 番組観覧のバイトをきっかけに、数々のエキストラをこなした後“キスおばちゃん”としてブレイクしてすでに10年以上。浅見本人の知名度も今や全国区だ。「わたし自身は変わったと思わないけど、やっぱり周りがねぇ」と浅見。街を歩けば、声をかけられるのも当たり前だが「マネージャーと歩いていたら、ある人に『この前、若い男性と歩いていましたね』なんて言われて、オフコース仕事なんだけどね(爆笑)。たかが素人のおばちゃんがねぇ……ちょっと怖いなって思うこともあるのよぉ」とやっぱり戸惑いもあるのだとか。それでも仕事を通して知り合った友人と遊びに行ったり、食事に出かけたりと楽しいことも多い。「わたしの人柄がいいから? そうなのよぉ、そこ強調して書いてね。自分でも性格は悪くないと思うから」とざっくばらんに語る浅見のキャラクターも人を引き付ける魅力だ。

[PR]

 今後、演じてみたい役柄を尋ねると「わたしはバラエティーの方がいいのよ。だって映画って撮影や待ち時間が長いんだもん」と思わずぶっちゃけ。しかし「雨の中、アクションの撮影で宙ずりになったこともあって、エロエロ……じゃなくてイロイロ大変だったから、ぜひたくさんの人に観てほしいわね。演技っていうほどのものじゃないけど、初めての主演だから、皆さんの感想が気になるわぁ~」と女優業もまんざらでもない様子だ。ラストシーンではウェディングドレス姿も披露しており「そうそうそうそう、そうなのよ!! あれかわいかったでしょ!!」と最後まで猛烈なパワーを見せつける浅見だった。

『少林老女』は武術の達人である“少林老女”こと美代子(浅見)が、武術家としてのプライドを取り戻す姿を描いたアクションコメディー。
映画『少林老女』は5月24日から、シアターN渋谷ほかにて公開
オフィシャルサイト shaolinbaba.jp

【関連記事】ダウンタウンのガキの使い~のキスおばちゃんが『少林老女』でヒロイン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]