ミムラ、エンジン全開!「寿限無」を目を見開いてまくし立てる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
じゅげむじゅげむ~!

 23日、映画『落語娘』の初日舞台あいさつがシネスイッチ銀座で開催され、主演のミムラ津川雅彦、そして中原俊監督が登壇した。

映画『落語娘』

 落語の前座噺である「寿限無」を披露したミムラは、目を大きく見開きながら早口でまくし立てた。もともとは、最後の一部分だけを披露する予定だったが、エンジン全開で一気に話し切った。会場では大きな拍手が鳴り響いたが、本人は少々納得がいかない様子。「作品の中での『寿限無』は最高の状態で入っています」と教えを受けた柳家師匠の名誉のためにと観客にアピールした。

[PR]

 師匠役の津川はミムラを横で見守りながら「よくやるな」と、ミムラの役者魂に感心した様子だった。津川は「撮影が終わると、もう二度とやりたくないと思った」と明かし、「演技力でどこまでごまかしがきくのかと考えたりもしたが、ごまかしようがない」と落語の難しさをしみじみ語った。

 『落語娘』は、真打を目指して落語界に飛び込んだ香須美(ミムラ)が、男社会の壁を乗り越えながら、破天荒な師匠の平佐(津川)に悪戦苦闘する人情コメディー。さらに、一発逆転をもくろむ師匠は、演じた者が必ず命を落とすという禁断の落語「緋扇長屋」に挑むと言いだし、周囲は大騒ぎ。異色の師弟コンビは運命を乗り切れるのか。

映画『落語娘』はシネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋、シネマスクエアとうきゅうほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]