トロント映画祭のクロージング作品のプロデューサーが開幕初日にプロデューサー賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プロデューサーのロブ・メリリース - Frazer Harrison / Getty Images

 トロント映画祭のクロージング作品として上映が決まっている『ストーン・オブ・ディスティニー』(原題)のプロデューサー、ロブ・メリリースが初日から賞を受賞してびっくりしている。メリリースが受賞したのは、トロント映画祭で上映されるカナダ映画のプロデューサーの一連の作品を表彰する、“カナダ映画およびテレビプロダクション協会プロデューサー賞”で、賞金は1万ドル(約100万円)。

 「同僚によって選ばれたという点で大きな意味を持つ賞。自分と同じ仕事をしている人たちが自分の作品を観てくれて気に入ってくれたということだからね」とコメントしている。メリリースはプロデューサー業のほか、インフィニティ・フィーチャーズ社の重役として『カポーティ』や、ヒース・レジャーの遺作となったテリー・ギリアム監督の『パルナッサス博士の創造力』などの映画にもたずさわっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]