ショーン・ペン、イギリスのアカデミー賞BAFTA功労賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ショーン・ペン - Tony Barson / wireimage.com

 ショーン・ペンが、イギリス・アカデミー協会(BAFTA)から功労賞であるスタンリー・キューブリック・ブリタニア賞を受賞することになった。ショーンは、11月6日にロサンゼルスで賞を受け取る。

 ショーンの受賞は、俳優、監督、そしてプロデューサーとして映画業界で大きな役割を果たしたことをたたえて贈られるもので、BAFTAのピーター・モリス協会長は「彼が映画人として挑戦している役やテーマは、世界中の観客にとって刺激となっている」と語っている。ショーンはこれまで、アメリカのアカデミー主演男優賞に4度ノミネートされ、2004年に『ミスティック・リバー』で受賞を果たしている。スタンリー・キューブリック・ブリタニア賞のこれまでの受賞者には、昨年の受賞者であるデンゼル・ワシントンのほか、クリント・イーストウッド監督やトム・ハンクストム・クルーズスティーヴン・スピルバーグ監督らがいる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]