25キロもの激ヤセ!チェ・ゲバラが乗り移った?命がけのデル・トロ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真上がチェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロ、下が本物のチェ・ゲバラ - (C)2008 Guerrilla Films, LLC-Telecinco Cinema,S.A.U. All Rights Reserved、(C)Bettmann/CORBIS/amanaimages

 カンヌ国際映画祭などで、高い評価を得ている映画『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』(オリジナルは、4時間28分の1本の映画)の主演で、チェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロがすさまじいほどの役づくりをしていることがわかった。

 もともとデル・トロはチェ・ゲバラをリスペクトしていたが、今回の役づくりのために体重を25キロも減量。髪の毛も伸ばし、チェ・ゲバラ本人と見間違うほどのそっくりの外見に成り切った。しかし、似せたのは外見だけではない。彼の思考、そして生きざままでを研究し尽くす徹底ぶりだった。デル・トロは、監督のスティーヴン・ソダーバーグと7年間にわたってチェ・ゲバラについて研究したことをコメントし「過去7年間の間で、僕たちは、キューバ、ボリビア、パリにマイアミ、そこにどちらかの側に立っていて、何か話をしてくれる人がいれば、だいたいどこへでも行った」と並大抵の役作りでなかったことをうかがわせた。

 本日、10月9日はチェ・ゲバラの命日。日本での『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』の公開は来年春になるが、来年はキューバ革命50周年記念の年となり、またチェ・ゲバラが存命のころに来日してから、50周年ともなる記念すべき年にもなる。

映画『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』は2009年新春、日劇PLEXほかにて公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]