福田沙紀、クレヨンしんちゃんのアフレコで恥ずかしいセリフに苦戦?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
桜田のそにょだゾ!

 30日、映画『櫻の園 -さくらのその-』に出演の福田沙紀寺島咲はねゆり武井咲が都内のスタジオで、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」のアフレコにのぞんだ。

映画『櫻の園 ‐さくらのその‐』写真ギャラリー

 11月14日に放送される「クレヨンしんちゃん」の1話である「桜田のそにょだゾ」にアフレコ出演した福田ら4人。今回でアフレコ3回目という福田は「小さいころから見ていたしんちゃんのアフレコだったのでドキドキしましたが、とても楽しかったです」とニッコリ。今回、苦労したのはしんちゃんたちと芝居をするシーン。クライマックスの「イエス、フォーリンラブ」というセリフは照れてしまったのか、「もっと大きな声で」「語尾を伸ばして」など監督から何度もダメ出しされていた。そのときの様子について福田は「恥ずかしかったけれど、しんちゃんから勇気をもらって頑張りました」と笑顔でコメントした。

[PR]

 アフレコ後はセーラー服姿のしんちゃんと福田らのトークショーが行われた。「福田さんはパッと(台本を)見て、パッと(アフレコを)やれるところが素晴らしい。そのほかの皆さんも若々しくて、初々しくてナイスでしたよ」としんちゃんから褒められ満足顔。「しんちゃんはいつもお尻を出すけれど、美尻だって思っていました」とはねが言うと、「うれしいなあ、今日も出しちゃおっかなあ~」といつものしんのすけ節を披露した。

 取材陣から「しんちゃんとデートするならどこへ行きたい?」という質問を受けると、福田は「遊園地が楽しそう。ロマンチックな場所もいいかも」、寺島は「しんちゃんが住む春日部を案内してもらいたい」、はねゆりは「一緒に買い物に行って、チョコビを買ってあげたい」、武井は「しんちゃんのお家でおせんべいとか食べたい」と思い思いのデートプランを話してくれた。

 『櫻の園 -さくらのその-』は名門女子高を舞台に6人の女子高生が学校で禁止されているチェーホフの「桜の園」を演じることによって、閉塞した伝統を打ち破り、自らも成長していく胸キュンストーリー。

映画『櫻の園 -さくらのその-』は11日8日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]