カーク船長YouTubeでキレる!同性婚式に招待されなかった!おやじたちの戦い勃発!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カーク船長怒る! ウィリアム・シャトナー - Scott Wintrow / Getty Images

 テレビドラマ「スター・トレック」ファンにはミスター・カトー(アメリカ版ではミスター・スールー)でおなじみのジョージ・タケイ氏。このたび、長年交際したボーイフレンドとめでたく結婚したのだが、どうやらカーク船長ことウィリアム・シャトナーが、「(ジョージの)結婚式に招待されなかった!」とキレまくっているらしい。

 こんなことは内輪でケンカすれば……と外野は思うのだが、そうはいかないのがハリウッド。ウィリアムはキレまくった揚げ句、何とYouTubeという公共の場でジョージにイチャモンをつけた。話題の動画は、ウィリアムがきれいな女性インタビュアーの質問に答えるシーンで始まる。「先日行なわれたジョージ氏の結婚式に招待されなかったとのことですが、今のお気持ちは?」それに対してウィリアムは、「残念だ。でもかえって(ジョージが)気の毒でね。こんなことをするなんて病的じゃないか。これは明らかに精神病だよ。彼が一体どういうつもりなのかわたしにはさっぱりわからないよ」と答えている。そして、「昔から彼はわたしの悪口をよく言っていたけどねぇ」とかなりお怒りの様子。

 この二人は昔から不仲だったとのうわさもあるが、こんなビデオを見たら、ジョージだって黙ってはいられない。「いろいろ今までだって(ウィリアムを)招待したのにいつも来ないし、今回だって来なかったのはそっちだろう!」とキレ返した。

 結婚式に招待されたのは、チェコフ隊員(ウォルター・コーニッグ)、ウーフラ隊員(ニシェル・ニコルス)、そしてミスター・スポック(レナード・ニモイ)。彼らが「いい歳こいて、いい加減にしなさいよ」……と言ったかどうかは不明だが、イイ歳をしたオヤジ二人がメディアを挟んでの大口論というこの現状。ハリウッドかいわいでは、「一番華麗じゃないバトル」と銘打たれゴシップ誌で失笑を買っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]