ケイシー・アフレックとジェシカ・アルバ、ノワール小説の映画化作品で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・アルバ

 ケイシー・アフレックジェシカ・アルバという美男美女が新作映画で共演するようだ。ハリウッド・レポーター紙が、ケイシーとジェシカがマイケル・ウィンターボトム監督の新作映画『ザ・キラー・インサイド・ミー』(原題)へ出演すると伝えた。この作品は、映画『ゲッタウェイ』『グリフターズ/詐欺師たち』の原作者として知られるジム・トンプスンの小説「内なる殺人者」を映画化するもので、物静かな保安官として知られる男が暴力癖を露にし、殺人を繰り返すようになるノワール・ミステリーだ。ケイシーが主人公の保安官にふんし、ジェシカは保安官の敵打ちのために利用される娼婦を演じる。

 本小説は、日本では「このミステリーがすごい!」の海外部門第1位などミステリー小説の賞を総なめにした作品で、1976年にはバート・ケネディ監督、ステイシー・キーチ主演で一度映画化されている。今回の映画化は数年前から進められていて、相次ぐ監督の変更にプロジェクトの行方が心配されていたが、マイケル・ウィンターボトム監督にケイシーとジェシカの主演が決まり映画として楽しみになってきた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]