野村監督夫人に「サッチー」の愛称をつけたのは中居正広だった!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
野村克也監督と沙知代夫人

 17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『私は貝になりたい』の特別試写会が行われ、主演の中居正広仲間由紀恵福澤克雄監督が舞台あいさつを行った。

映画『私は貝になりたい』

 この日の試写会は、夫婦・カップル限定の「いい夫婦試写会」というもの。会場には、一般客のほか、野村克也沙知代夫妻、小渕優子夫妻、後藤田正純水野真紀夫妻、山本“KID”[[徳郁夫妻なども来場し、中居らがお出迎え。先陣をきって松野明美が登場すると、「今日はきれいじゃないですか」と中居が声をかけ、報道陣の笑いを誘った。

[PR]

 さらにその後も野村夫妻が姿を見せると、沙知代夫人に「最近、何してるんですか?」とすかさず声をかけてたり、監督に「この人、うちの風呂に入ったんです」と暴露されると照れ笑いを浮かべるなど、終始ホストらしく場を盛り上げていた。そんな中居について、上映後にコメントを求められた沙知代夫人は「あの子とはね、『笑っていいとも』で共演したのよ。そのときに彼がサッチーって言い出したのよね」と“サッチー”という愛称の起源について明かしていた。

映画『私は貝になりたい』は、今から50年前に作られた傑作同名ドラマをリメイクした感動作。戦争による悲劇を、美しい日本の四季とともに描く。

映画『私は貝になりたい』は11月22日より全国ロードショー。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]