「ザ・ソプラノズ」のジョン・コステロー、拳銃自殺

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
笑顔が似合う人だった……ジョン・コステロー氏 - Bobby Bank / WireImage

 ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」でゲイのマフィアの恋人ジム・“ジョニー・ケイクス”・ウィトゥスキーを演じていたジョン・コステローが拳銃自殺をしていたことが明らかになった。

 警察によると、ジョンと連絡が取れなくて心配した家族が警察に連絡。12月18日にブルクッリンの自宅を訪れた警察官が遺体を発見したという。ニューヨーク・ポスト紙によると、ジョンはブルックリンで消防士として11年間勤務したあと、1998年に引退。松田優作出演のハリウッド映画『ブラック・レイン』にも出演していたほか、最近では賞レースで人気の映画『ダウト』にも出演していた。

 通夜には、「ザ・ソプラノズ」で共演したスティーブ・ブシェミやジョセフ・ガナスコーリの姿も見られたという。ジョセフは「聞いた時はショックだったし、まだ信じられない。問題を抱えているような感じはなかった。彼と一緒に過ごした時間はいつも楽しかった」とニューヨーク・ポスト紙に語った。ジョンの父親は、なぜ息子が自殺をしたのか理解できないとコメントしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]