うすた京介、真木よう子の結婚はショック!「リアルに付き合いたかった……」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
うすた京介

 10日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画『ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~』の初日舞台あいさつが行われ、原作者のうすた京介、監督のFROGMAN、主演のジャガーを演じる声優の藤原啓治平野綾が登壇した。

映画『ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~』

 「結構プレッシャーだったみたいで、観客が一人もいない夢を昨日見ました」といううすたは、満員の会場に対して「本当にこんなにたくさん来てくれてありがとうございます」と笑顔を見せた。「うすたさんは、本当に何も言わないんで……」というFROGMAN監督に「とにかく全部任せようって(笑)」と笑ううすた。「脚本が大変でした。ゆるく展開する原作に違和感がないように、ファンタジーや少年ジャンプの要素もプラスして」というFROGMAN監督の言葉に、観客は真剣に聞き入っていた。

[PR]

 「一言しかセリフがないのに呼んでいただいて(笑)」という平野。「行ったら突然ハミィって言われて、頑張って(一言に)集中して演じましたっ! 今度はハミィが主役の映画を作ってくださいっ!」とかわいく笑顔を浮かべる平野に、FROGMAN監督もタジタジ。続けてうすた作品の大ファンであり、今回声優として登場している女優・真木よう子からのビデオレターが上映されると、終わってすぐに「かわいかったですねぇ……。結婚したということで……リアルに付き合えるかと思ったんですけどねぇ……ショックでしたねぇ……」としみじみと語り始めるうすたに観客は大爆笑。魅力的な女性陣に押されっぱなしの男性陣に、場内の半数以上を占める男性客も共感といった様子だった。

 映画『ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~』は、少年ジャンプの大人気連載ギャグマンガを原作に忠実に、かつ壮大に映画化した作品。板東英二伊武雅刀などの豪華声優陣にも注目!

映画『ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~』はTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]