『ひぐらしのなく頃に』続編完成!原作者の竜騎士07の感想は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大興奮! で語る竜騎士07。

 映画『ひぐらしのなく頃に 誓』の公開に先駆け、一足早く完成した映画を鑑賞した原作者の竜騎士07がコメントを発表した。果たして、前作に引き続き総監修として作品にかかわった彼が、納得いく仕上がりになったのだろうか?

映画『ひぐらしのなく頃に 誓』

 竜騎士07は作品の生みの親である原作者という立場から、映画にかんして客観的には観られないそうだが、本作については「そんな杞憂は始まって10分もたたない内に吹っ飛んでしまいました!」とすぐさま映画のストーリーに引き込まれてしまったことを明かした。その理由としては、実写ならではの臨場感。生身の俳優が演じるからこその迫力。そして、感情のきめ細かさに圧倒されたからだという。

[PR]

 鑑賞後の興奮はさらにヒートアップし、「気付けば物語の展開に、手に汗握り、ハラハラしながら一人の鑑賞者として映画を楽しんでしました。『ひぐらしのなく頃に』という物語は、人間が演じてこその物語なんだと再認識させられました」と原作者本人が作品を心から楽しむことができたようだ。実写版の続編に太鼓判を押した竜騎士07は、「この興奮と驚きを、早く皆さんにもお届けできればと思います」と締めくくった。

 本作はコミックマーケット初の人気シリーズの実写映画版で、昨年大ヒットした映画『ひぐらしのなく頃に』の続編。解答編となる本作では、雛見沢村でおきた謎の殺人事件の真相がついに明らかになる。監督は前作に引き続き及川中が務め、キャストも前田公輝松山愛里飛鳥凛あいか小野恵令奈らが続投している。

『ひぐらしのなく頃に 誓』は4月18日より池袋シネマサンシャイン、渋谷シアターTSUTAYA、シネマート新宿ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]