水樹奈々、「ハチャメチャなケロロファミリーの中でわたしだけがまじめ!?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
渡辺久美子と水樹奈々

 7日、角川シネマ新宿にて、映画『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』が公開初日を迎え、ケロロ軍曹の声優・渡辺久美子、ギロロ伍長の中田譲治、そしてシオンの水樹奈々が舞台あいさつを行った。

映画『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』写真ギャラリー

 謎の少女・シオン役でゲスト出演した水樹は、人気、実力ともに若手トップの呼び声高い声優。水樹が「この度はケロロファミリーに混ぜていただけて、うれしくて」と感激した様子であいさつをすると、すかさず渡辺が「いらっしゃいませ~」と合いの手を入れた。現場の様子について水樹は「皆さん、はっちゃけていて、アドリブいっぱいで驚きましたね。その中でわたしが唯一、まじめ担当って感じだったかな」とコメントすると、渡辺は「そうそう、わたしら絶対、シナリオ通りにしゃべりませんから」と変な自慢話をはじめ、中田も「僕らがあまりにグダグダなんで、水樹さんも全然プレッシャー感じなかったでしょう?」と不思議なチームワークをアピールした。

[PR]

 苦労したのはキロロを誘う呪文を唱えるシーンだったという水樹。「すごく長くて難しい呪文だったんです。ずっと練習してたら、何日間も頭の中をぐるぐる回り続けちゃって」と苦笑い。横で聞いていた渡辺は「でも、奈々ちゃんは2回くらいでOKもらってたじゃない。わたしたちならあんな呪文、10回テープ取ってもムリ。監督にやめましょう、そのセリフって言っちゃうよ」と優しくフォローした。

 『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』は人気アニメ「ケロロ軍曹」の劇場版第4弾。フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルを舞台に、凶暴なドラゴンへと姿を変えられ、強大なパワーを手に入れてしまったケロロ軍曹たちが謎の少女シオンとともに、巨大物体“竜のしっぽ”の謎に立ち向かう。シリーズ最大のスケールで描く話題作。

映画『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]