小雪も出演!セーラー服に日本刀の少女が大暴れ!GLAYが世界バージョンの主題歌を!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
GLAYメジャーデビュー15年の記念日にあたる5月25日に、「ラスト・ブラッド」の主題歌「I am xxx」をリリース!

 日本のフルデジタル・アニメ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』を実写映画化したサバイバルアクション映画『ラスト・ブラッド』の主題歌に、GLAYの「I am xxx」(アイアム)が決定した。

映画『ラスト・ブラッド』

 『ラスト・ブラッド』は2000年に公開され話題を呼んだ、工藤夕貴が声優を務め、押井守が企画に参加したアニメ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の実写映画化。セーラー服に日本刀を持ったヒロインが、バッタバッタと吸血鬼たちを斬っていく。また『ラスト・ブラッド』は、映画『グリーン・デスティニー』『HERO』などを手がけるウィリアム・コン(ビル・コン)が製作にあたり、チョン・ジヒョンや小雪がスピーディーでスタイリッシュなアクションを繰り広げるアクション大作だ。

[PR]

 ウィリアム・コン(ビル・コン)は作品の世界観を表現できるアーティストを検討している中で、日本をはじめとしたアジアのアーティストの曲を聞きこみ、GLAYがもっともふさわしいと判断しオファーしたところ、GLAYのTAKUROはそれを快諾。何と本作の原作となった『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の大ファンだったという。

 TAKUROは主人公サヤをモチーフに、前向きで疾走感のある楽曲「I am xxx」を書き下ろし提供した。監督をはじめ、製作サイドも大絶賛する出来になったという。TAKUROは「映画の世界観にGLAYの新たな魅力を引き出してもらいました。今までのGLAYのどの曲とも違う重く暗いサウンドは、この映画の主人公の持つ、悲しい運命の心の叫びをイメージして作り上げました」と曲のイメージを語った。

 GLAYは1994年5月25日にシングル「RAIN」でメジャーデビューを果たし、前人未到のアーティスト単体による20万人動員のライブや、当時としての記録更新にあたるアルバム500万枚セールスの達成、シングルトータルセールス2,800万枚、アルバムトータルセールス2,300万枚と数々の伝説を残してきた。そのGLAYがメジャーデビュー15年の記念日にあたる5月25日に、『ラスト・ブラッド』の主題歌として起用された「I am xxx」をシングルリリースすることはとても興味深い。

 本楽曲は日本だけでなく、GLAY初のアジア圏主題歌タイアップに決定し、中国、台湾、香港などアジア各国(日本を除く10か国)の主題歌になることも同時に決定。さらに、全世界バージョンにも採用を検討されるなど、GLAYの才能が、まさしく全世界で注目されることとなった。

映画『ラスト・ブラッド』は5月29日よりTOHOシネマズ 日劇ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]