成宮寛貴、失敗するとアソコをこする?水嶋ヒロと品川ヒロシが暴露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
意味深な発言?-映画『ドロップ』舞台あいさつ

 20日、映画『ドロップ』が公開初日を迎え、品川ヒロシ監督のほか、成宮寛貴水嶋ヒロ本仮屋ユイカ上地雄輔中越典子ら豪華キャストが、角川シネマ新宿で舞台あいさつを行った。

映画『ドロップ』

 劇中での不良のイメージとはうってかわり、凛々しいスーツ姿で勢ぞろいした品川監督とキャストたち。品川は「これほど勢いのあるメンバーの真ん中に立っていることを改めてうれしく思います」と開口一番。黒スーツのメンバーの中、一人だけ白いスーツに身を包んだ成宮は「みんなから『結婚式?』と冷やかされましたが、この映画となら結婚してもいいです!」と大真面目にコメントした。水嶋も「はじめはお笑い芸人が監督? と半信半疑でしたが、試写を観たら、これ以上素晴らしい作品はないと思った。今では自分の中でナンバーワンと誇りを持てる作品だと思っています」と、本作への思い入れの深さを語った。

[PR]

 撮影も抜群のチームワークでスムーズに進んだというが、突然、品川が成宮の意外なクセを暴露。「(成宮は)NGを出すと必ず、僕の体の一部をこするんですよ。ひざだったり、腕だったり」と言いだすと、すかさず成宮は「あれは申し訳ないという気持ちの現れなんです」と弁解。すると水嶋は「僕もよくこすられました。ここでは言えないような(体の)部分も……」と意味深発言。「やめてくださいよ~」と成宮は顔を真っ赤にして反論し、会場の笑いを誘っていた。
 
本作は人気お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が品川ヒロシとして、ド派手にドロップアウトした学生時代の体験を基に、自ら脚本、監督を手掛けた青春エンターテイメントムービー。平凡な中学生だった主人公・信濃川ヒロシ(成宮)が不良の世界に飛び込み、けんかに明け暮れた毎日の中で、友情や恋愛に出会い、成長していく姿を描く。迫力あるけんかシーンは必見!

映画『ドロップ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]