綾瀬はるか、おっぱいだらけの撮影現場でホッとした…と笑顔で告白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おっぱいを連発していました!

 9日、渋谷C.C.レモンホールで映画『おっぱいバレー』の完成披露試写会が開催され、主演の綾瀬はるか青木崇高羽住英一郎監督が舞台あいさつを行ったほか、映画の主題歌を担当したCaocao(持田香織田島貴男)がシークレットライブを行なった。

 タイトルが強烈なインパクトを持つ本作は、劇中にも当然のように“おっぱい”という言葉が連発。しかし綾瀬をはじめとする女性キャストや、多感な中学生が多い現場で、この言葉を口にするのはなかなか恥ずかしいもの。そこで羽住監督は「おはようおっぱい」「おつかれおっぱい」などあいさつの語尾に“おっぱい”を付けるというルールを現場で徹底させたと明かした。

映画『おっぱいバレー』写真ギャラリー

 そんな監督の心遣いに、綾瀬は「わたしがおっぱいと言うことで、周りが気まずいと感じていたらどうしようと思っていましたが、(このルールのおかげで)逆にホッとしました」と告白。さらに現場のあちこちで“おっぱい”という言葉が聞かれた撮影を振り返り「へんな一体感がありました」と笑顔で語っていた。

[PR]

 『おっぱいバレー』は脚本家としても活躍する水野宗徳が実体験をベースに書いた青春小説を映画化した作品。中学の弱小バレーボール部顧問になった新任教師(綾瀬)がひょんなことから「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」と約束したことから、騒動が巻き起こるという青春ストーリー。

映画『おっぱいバレー』は4月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]