ナタリー・ポートマンの立ち上げた映画サイトは「裏話満載」と語る!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリスティン・アイルワードとナタリー・ポートマン - Photo:Nobuhiro Hosoki

 若手女優の中でも人気実力ナンバーワンのナタリー・ポートマンが、新しく始めたオンライン・プロジェクトについて、共同設立者クリスティン・アイルワードとともにトライベッカ映画祭のイベントで答えてくれた。

 まずホームページmakingof.comを始めた経緯について、ナタリーは「共同設立者のクリスティンは長い付き合いで、あるとき彼女に『なぜ、わたしが映画のセットで味わったような体験をさせてくれる映画サイトがないのかしら』と聞いたことがあったの。わたしは、セットに訪ねて来る友人を通して、どれだけ素晴らしい環境下で仕事をさせてもらっているか、また映画制作のためにどれだけ違った要素が必要なのか再認識してきたの。だからこのサイトは、セットに友人のいない人のために、映画人がセットで体験したものを一般の人たちがアクセスできるようなサイトになっているわ。そして『彼らはどうやって映画を作っているのか』という詳細を、真剣に映画制作を志している若手に提供したものなの。YouTubeでも自主映画を載せている人たちがいるけれど、同じように映画界のエキスパートから話を聞きたい人たちもいると思ったから」とコンセプトを語ってくれた。

 これまで出演してきた大作と、小さなインディペンデント映画を比較してみて「大作であれインディペンデント映画であれ、わたしがかかわってきたすべての映画は、チームとして結束していたわ。映画は本当に共同作業なのに、いつもほとんどのクルーが人から評価されない形で貢献しているように思えるの。だから、このサイトはそういった彼らをフォーカスしたものなのよ。ある意味、内部事情の話なの(笑)。実際に映画学校を卒業したからって、すぐに雇われて仕事ができるわけじゃないでしょ? それに雇われる過程で、どういう人とコネクションを持っているかとか、仕事ごとに何を学んできたかということが試されると思うの。このサイトはまだ初期段階だけど、最終的にはこのサイトを通して、多くの映画製作者に学んでほしいの。今後は、撮影の具体的なところまで見せられる許容範囲の広いサイトにしたいと思っているわ」と意気込みも話してくれた。

 このサイトは専門分野の話を聞けるだけでなく、セットでの映像、予告編、そして映画製作者のコミュニティーを広げる場所としても活用できるようになっている。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]