ベン・キングズレー、今回は“サー”の称号つける?つけない?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベン・キングズレー - Rob Loud / Getty Images

 ベン・キングズレーが出演したインド映画『ティーン・パッティ』(原題)で、「サー」の称号をめぐるちょっとした混乱が起きている。

『ティーン・パッティ』は、インドの大物スター、アミタブ・バッチャンらが出演するボリウッド映画で、カンヌ国際映画祭でも公開される。テレグラフ紙の電子版によると、そのプレス向け資料には“サー”ベン・キングズレーと記載されていたが、その後宣伝会社から、ジャーナリストあてにメールで“サー”の称号を使わないようお願いがあったそう。ベンは2002年にイギリス王室からナイトの称号を授与され、以来“サー”ベン・キングズレーと呼ばれてきた。2006年には、映画『ラッキーナンバー7』のプロモーションの中でポスターに“サー”が付いていなかったことで、付け加えるよう要求したと報じられ、ベンは「無礼な!」とこれを否定していた。今回、ベンから直々に称号を取るよう指示があったのか、あるいは単なるジョークなのかは明らかになっていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]