ブラッド・ピット、タランティーノ監督のオファーを受けたのは酒の勢い?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブラッド・ピット

 カンヌ国際映画祭で上映され話題となっている、クエンティン・タランティーノ監督作映画『イングロリアス・バスターズ』で、主演を務めるブラッド・ピットが出演を決めた意外なきっかけを語った。

 カンヌでワールド・プレミアを迎える本作だが、ブラッドは観客とのセッションの中で出演のきっかけについて「クエンティンが脚本を持って訪ねてきて、この映画についていろいろと話したんだけれど、翌朝目覚めたら、空っぽのワインボトルが5本転がって、喫煙の形跡が残っていた……」とのこと。「何が何だかわからないけど、どうやら出演を受けたみたいで、6週間後にはアルド・レイン中佐役のユニフォームを着ていたよ」と語った。本作はカンヌ映画祭の中でも注目作であり、すでに続編の企画も進行しているだけに、ブラッドにとっては「イエス」と言わせた酒の勢いが吉と出たようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]