アルツハイマー病のピーター・フォーク、コロンボを演じたことも覚えていない

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ピーター・フォーク - Michael Bezjian / wireImage.com

 アルツハイマー病を患っているピーター・フォークが、代表作のテレビドラマ「刑事コロンボ」シリーズでコロンボを演じたことも覚えていないほどの状態だという。

 ピーターの養女、キャサリンさんは昨年末、ピーターが自身の世話ができないほど弱っているとして裁判所に財産管理保護人が必要と申し立て、ピーターの妻シェーラさんと争っていたが、このたび、裁判所は妻シェーラさんを財産管理保護人に任命。今後、キャサリンさんは2か月に一度ピーターを訪ねることが許される。審問の際には、ピーターの健康状態について医師が「コロンボさえも覚えていないことに、非常に残念に思う」と語っており、かなり病状が進んでいるようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]