美脚が三人!綾瀬はるか、谷村美月、戸田菜穂『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』世界公開めざす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
綾瀬はるか(右端)のホッタラケは100冊の童話集。戸田菜穂は(中央)アコーディオン。左端は谷村美月

 CG映画『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』の製作報告会見が11日、都内で行われ、共同製作元であるフジテレビ亀山千広映画事業局長が海外公開への意欲を語った。

映画『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』

 なくした母の形見を探して忘れ去られた宝物(ホッタラケ)でできた不思議な島に迷い込んだ女子高生・遥の冒険を描く物語。フジテレビと、『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるアニメ制作会社ProductionI.Gがタッグを組み、登場キャラクターを3DCG、背景を2Dという珍しい作風のフルCGアニメに挑んだ意欲作だ。

[PR]

 約5分間の特報が初お披露目され、亀山氏は「このハイクオリティーと、モノを大切にしようという日本的精神を持った作品を、世界へ持っていきたい」と熱弁。「カンヌ(国際映画祭のマーケット)でティーザー(予告編)をかけたら、(海外バイヤーの)食いつきが違った。公開前にはいい報告ができると思う」と海外公開への交渉が順調に進んでいることを、鼻息を荒くして明かした。

 一方、会見には声優を務めた綾瀬はるか谷村美月らが出席。今回、作画前に絵コンテと台本を見てセリフの収録をする手法に初挑戦しており、主人公・遥を演じた綾瀬は「例えば下に落ちるシーンで、どれぐらい長い時間、どれぐらい下へ落ちるのか想像で演じたので、長く叫び過ぎてノドが少し痛かった」と苦労談を吐露。遥の友人・美穂の声を務めた谷月は、自身の“ホッタラケ”を聞かれ「中学のころ、すごく苦手だった数学をそのままほったらかしにしてしまった」とユニークな回答を繰り出し、会場の笑いを誘っていた。

映画『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』は8月22日より全国東宝系にて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]