小林聡美、映画『プール』で作詞&作曲、ギター、歌に初挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プールサイドでギターを弾き、歌う小林聡美(右から2人目)、映画『プール』より

 女優の小林聡美が最新主演映画『プール』で作詞、作曲、ギター演奏と歌に初挑戦したことが12日、わかった。

 本作は、タイのゲストハウスを舞台に、そこで働く女性・京子(小林)と周囲の人々が、それぞれの生き方を見つめ直す姿を描くドラマ。脚本・監督は人気脚本家の大森美香さん。今年2月1日から約1か月間、タイ・チェンマイで撮影された。

 脚本に、小京子の娘・さよを演じるモデルの伽奈らと歌う場面があったことから、製作サイドから作詞をしてみては? と持ちかけられた小林が、気負いなく快諾。作詞、作曲をトントン拍子でこなしてフォーク調のオリジナル曲「君の好きな花」を完成させ、約4か月の練習期間を経てギターの弾き語りもマスターした。関係者によると、プライベートタイムの犬の散歩中に同曲を思い浮かべたという飾らない個性派女優らしい創作法で、「鼻歌のように考えました」とサラリと話しているという。

[PR]

 小林ら3人が歌う同曲は、本作の世界観を表現したオリジナルサウンドアルバム「プール」(8月発売予定、バップ)に収録される。3人のユニット名は小林が考案した「パクチーズ」。さらに小林がソロで歌う「君の好きな花(小林バージョン)」も収録されるというファンにはうれしいオマケ付きだ。アルバム発売に先駆け、同曲の携帯電話の着うた先行配信も決定。6月17日から携帯サイトの「レコチョク テレビ/CM/映画・うた」と、「着♪日テレ」で配信がスタートする。

映画『プール』は9月よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]