玉木宏、禁断の全裸体が解禁!見よ!体脂肪率4パーセントの肉体美

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
体脂肪4パーセントの玉木宏 - (C) 2009 MW PRODUCTION COMMITTEE

 漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」が映画化され、冷酷な主人公、結城美智雄を演じた玉木宏のショッキングなヌードシーンが解禁された。

映画『MW -ムウ-』写真ギャラリー

 漫画「MW(ムウ)」は、猟奇殺人や過激な性描写など、手塚治虫のほかの作品には見られない異色作。青年コミック「ビッグコミック」誌で連載していたときも物議を醸していた。その中でも、特に象徴である結城は、人を殺すことに何の躊躇(ちゅうちょ)もなく、あるときは男娼的行為にまでおよび人をだます、過激なキャラクター。玉木が演じるのはこの結城。映画では男娼的行為などは表現されていないが、冷酷な人物像はそのままだ。玉木はこの役を演じるにあたり、キャラクターの性質から体脂肪を4パーセント程度にまでしぼりにしぼって役を作り上げていった。

[PR]

  このたび解禁になった衝撃の場面写真は玉木宏のオールヌード。役づくりのためにしぼり込んだ芸術的とまでいえる肉体美だ。このシーンに関しては映画でも存在するが、ほんの一瞬。この美しい体をじっくり見ることができる貴重な場面写真といえる。

映画『MW -ムウ-』は7月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]