予告編が過激すぎる!ヤフーにダメだし!英国広告基準局が苦情を受け警告

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
何言っちゃったんですか?-ポール・ラッド - Barry King / FilmMagic / Getty Images

 映画『40歳の童貞男』などで知られるポール・ラッド主演の新作コメディー映画『アイ・ラブ・ユー、マン』(原題)の予告編で、キャラクターがオーラル・セックスについて話す内容が「子どもたちにふさわしくない」として、英国広告基準局(ASA)から禁じられた。

 これは、イギリスのYahoo!でトップ・ページに動画で流れる予告編を見た親たちからの不満を受けての警告。この映画は、結婚が決まった主人公が、結婚式の介添え人になってくれる親友を探すというコメディー。映画本編は「15歳未満の入場禁止」のレーティングを受けているが、ASAは、予告編には年齢による鑑賞規制がなく、「Yahoo!はこの予告編が適切な視聴者に向けられているよう措置を十分に取っていない」としている。

 予告編の配給を担うイギリスのパラマウント・ピクチャーズは、Yahoo!から視聴者の80パーセントが18歳以上であると確認を取った、としており、一方イギリスYahoo!は、予告編が年齢規制の対象になるとは考えておらず、またユーザーの90パーセントは18歳以上で、子どもたちがこの予告編を目にする可能性は少ないと反論している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]