ハリウッド版「アトム」1クリック1馬力!10万馬力目指せ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
目指せ10万馬力!映画『ATOM』 - (C) 2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (C) Tezuka Productions Co., Ltd.

 手塚治虫原作の不朽の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドでCGアニメ化した映画『ATOM』の1クリック1馬力というユニークなウェブプロモーションが行われている。

映画『ATOM』

 サイトの画面中央に管によって吊るされ眠ったままのATOM。何と1クリックイコール1馬力のエネルギーを注入できる仕組みになっており、10万馬力達成までのカウントダウン表示がされている。アトムは天才科学者・天馬博士によって事故死した息子の身代わりに作られた人型ロボット。パワーは10万馬力。正義感にあふれ、その勇気と力で人間社会の中でヒーローとして活躍していく。

[PR]

 とりあえず1馬力注入すると、クリックしたときの注入された感が面白い。10万馬力になったときに何が起きるかは明かされていないが、誰でもクリックできるのでぜひお試しあれ。

 現在、映画『ターミネーター』などで人間の感情を持つロボットが注目されているが、アトムはそのはしり。それどころか、現在、ロボット技術の最先端にいる技術者たちにもアトムに影響されてこの道に入ったという人も多い。アトムは当初1951年より連載された「アトム大使」の登場人物だった。1952年から「少年」誌に主人公として連載。1963年から日本で初めての国産テレビアニメ「鉄腕アトム」としてアニメ化され、いまや伝説の漫画となっている。

 映画版の製作会社はイマージ。聞き慣れない会社だが、香港の会社で、ドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つ会社といわれている。また世界的人気のキャラクターだけに世界50か国以上での上映を目指している。アトムの声優にフレディ・ハイモア、テンマ博士にニコラス・ケイジなど一流のスターが名を連ねているが、日本語吹き替え版も豪華なキャストが予定されているとのことだ。

映画『ATOM』は秋、全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]