クワバタオハラの小原が号泣!スピードワゴン井戸田の復縁問題で?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
なぜ小原が井戸田の復縁問題で号泣?

 19日、原宿アストロホールにて石ノ森章太郎氏原作の「サイボーグ009」の連載開始45周年記念イベントが開催され、スピードワゴンクワバタオハラらお笑い芸人たちがサイボーグ009に負けない自分だけの特殊能力を披露した。

 先日結婚したばかりで、幸せいっぱいの漫才コンビ・クワバタオハラのくわばたりえは、「わたしには、たった一人の男性から愛される能力がある。この能力を使って、絶対井戸田さんのようにはなりたくない」といきなり司会のスピードワゴン井戸田潤を挑発。井戸田は「やかましい、3年後を見てろよ」と言い返すのがやっとだった。

一方、相方の小原正子の特殊能力は、「どんなものを見ても30秒から40秒で涙を流す」こと。「これまでこの涙でたくさんの男の心をぐっとつかんできた」という小原は、井戸田に向かって「いつも一緒に飲んでるけど、本当にヨリを戻したいって言ってるよね。潤さんかわいそう……」としゃべりながら、みるみるうちに目に涙を浮かべて、最後は号泣。その見事な泣きっぷりに観客から驚きの声があがり、拍手が起こった。「でも本当はぜんぜん悲しくないんですよー」と話し声はいつもどおりですぐ笑顔に戻った小原に、井戸田をはじめほかの芸人たちも「これは本当にすごい」とすっかり感心していた。

[PR]

 「サイボーグ009」は、1964年に「週刊少年キング」(少年画報社)で連載が開始した石ノ森氏の名作。連載が始まった7月19日は、「サイボーグ009の日」として日本記念日協会に認定されている。この日のイベントは、連載開始45周年と、千年に一度の2「009」年(009YEAR)メモリアルイヤーを記念して石森プロが設立した、世界の諸問題に対してアクションや寄付を行う「Team of 009 Reliefwork」のチャリティー企画として開催された。

【初回生産限定】『サイボーグ009 1968』DVD-COLLECTION 15,750円(税込)
発売元:東映アニメーション、販売元:東映・東映ビデオ 7月21日発売

【初回生産限定】『サイボーグ009 1979』DVD-COLLECTION(全2巻)
Vol.1 7月21日発売、 Vol.2 9月21日発売 各15,750円(税込)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]