小雪のポロリ期待?『わたし出すわ』がストレート過ぎて戸惑った…本音吐露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美脚が三人! 黒谷友香、小雪、小池栄子

 映画『間宮兄弟』『椿三十郎』など話題作を次々に送り出してきた森田芳光監督が、映画『(ハル)』以来約13年ぶりにオリジナル脚本を手掛けた人間ドラマ映画『わたし出すわ』の完成披露試写会が行われ森田芳光監督、小澤征悦黒谷友香小雪小池栄子井坂俊哉山中崇が登壇した。

映画『わたし出すわ』

 ばく大な財を築いて東京から故郷に帰ってきた主役の山吹摩耶を演じる小雪は、この『わたし出すわ』のタイトルについて、「監督と仕事をさせてもらったことはいい経験になりました。ストレートなタイトルに最初は戸惑ったけど撮影を進めるうちにだんだんこのタイトルはふさわしいと思いました」と明かした。共演の黒谷も「楽しい撮影であっという間に過ぎました。監督から学ぶことがとても多かったです。『わたし出すわ』と聞いて『え? 何それ』と思ったけど、何かをキャッチすることが多いタイトルだと思いました」とインパクトのあるタイトルについてはやはり最初は違和感があったようだ。

[PR]

 共演者の山中も「『わたし出すわ』の印象は多分ポロリがあるんじゃないかと思いました」と語り、小澤も「『わたし出すわ』と言われたら『小雪さんが何をだすのかな』と思いました」と誰もが何かを期待させるようなタイトルであるようだ。

 本作は小雪演じる摩耶が高校時代世話になった同級生の夢をかなえるべく、大金をポンポンと惜しげもなく提供していくという先の読めない不思議な映画。『わたし出すわ』の「出す」はお金を出すというあまりにストレートなタイトルだ。森田監督はこの映画に込めた思いについて「大きく言えば、銀行は土地を担保にしかお金を貸さない。その人の夢とかを考えずリスクを軽減しているところがあって、それが日本の経済の嫌なところ。例えば人に500円の文庫本をあげるだけでもいい。人に何かをすることによって、その人が進化するんです。普段おごってもらっている女性も、躊躇(ちゅうちょ)しないで出してみなよ。という意味なんです」と無償の贈りものの素晴らしさを表現したかったことを明かした。本作については、森田監督の完全なオリジナル作品になるが意外にも『(ハル)』以来、実に13年ぶりになる。

 また、本作には小池も欲のない主婦役で登場。森田監督とは、映画『模倣犯』以来だったらしいが、「監督は、以前は怖いイメージでした。昔、わたしがチューイングガムを膨らますシーンがなかなか監督の要望どおりうまくできなくて、ガムが嫌いになってしまうきっかけになってしまったくらいです(笑)。でも今回はとても優しくしていただきました」と森田監督の印象を語っていた。

映画『わたし出すわ』は10月31日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]