シネマトゥデイ

GLAYのHISASHI、熱狂的ファンを前に「初めまして」?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いい男勢ぞろい!(写真左から、HISASHI、TAKURO、片山勇、谷中敦)

 25日、渋谷・シネマライズでドキュメンタリー映画『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』の初日舞台あいさつが行われ、主演の片山勇谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、TAKUROHISASHI(GLAY)、そして牧野耕一監督が登壇した。今回、谷中は片山の親友として映画に出演、TAKUROとHISASHIの二人は「AUDIO 2 AUDIO」名義で映画のサウンドトラックを手掛けている。

映画『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』

 普段は、アリーナクラスの会場でライブを行うことが多いGLAYのメンバーを間近に見られるとあって、客席の大半はGLAYファンとおぼしき女性で埋め尽くされた。そこに登場したHISASHIは開口一番「初めまして!」とあいさつ。最初は「HISASHI流のボケ?」と笑っていたファンだったが、実はHISASHIが「AUDIO 2 AUDIO」のメンバーとして公の場に現れるのはこの日が初めてだった。ファンもすぐにそれに気付いて、改めて黄色い歓声を上げていた。

[PR]

 本作は絶大な人気を誇るレザーブランド“BACKLASH”を率いるカリスマデザイナー、片山勇の実像に迫るドキュメンタリー。HISASHIは「深夜のクラブで、まるでジャック・スパロウみたいに暴れていた(笑)」と片山の第一印象を振り返り、TAKUROも「神様みたいな人。出会いそのものが人生の一大事件」とそのカリスマ性に多大なインパクトを与えられたと語っていた。

 『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』は妥協を許さない片山の仕事ぶりをはじめ、レザー・ファッションの世界に進むきっかけになった父親との関係やブランドに対する思いなどをダイレクトにとらえたアーティスティックなドキュメンタリー作品。

映画『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』はシネマライズほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]