松本人志、新作『しんぼる』はメキシコの町が舞台?ポスタービジュアルが解禁

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『しんぼる』のポスタービジュアル解禁!

 2007年に公開された初監督作品映画『大日本人』が第60回カンヌ国際映画祭・監督週間正式招待作品になるなど、映画監督として衝撃のデビューを果たした松本人志の長編第2作映画『しんぼる』のポスタービジュアルが解禁され、謎に包まれていたストーリーについても明らかになった。

映画『しんぼる』写真ギャラリー

 今まで、『しんぼる』のストーリーについては一切語られてこなかったがこのたび明らかになった物語によると、それはメキシコのとある町から始まるとのこと。幸せな家庭で、幸せに暮らす、プロレスラーのエスカルゴマンだったが、その日の対戦相手は彼よりも一回り年が若いテキーラ・ジョーということのほかに何かが起こりそうという胸騒ぎがぬぐえなかった。一方、水玉のパジャマを着た謎の男が目を覚ますとそこは白壁に覆われた部屋で、男はこの部屋に閉じこめられているようだった……。この二人とこの空間に何かの関連性はあるのだろうか? まったく想像もつかない展開に最後まで目が離せなくなる。

[PR]

 水玉のパジャマを着た男は、もちろん松本。当初登場人物は松本一人とも言われていたが、プロレスラーとして、国籍は不明だがデイヴィッド・キンテーロ、ルイス・アッチェリなど7、8人の外国人名がクレジットされている。

 このたび解禁されたポスターは、正面に水玉のパジャマを着たオカッパ頭の松本が上目遣いに、一点を見つめその肩越しにプロレスラーとおぼしき人物、マジシャンもどきの人物とその女性アシスタントとおぼしき人物が。さらにその背景には白い壁からわき出てくるかのようなたくさんの天使。いったいこれらの人物はお互いに何の関連性があるのか、それともまったくないのか……。天才松本の世界がさく裂する。

 1作目の『大日本人』は、初監督作ではあったが、さすが天才松本と絶賛する者あれば、製作意図が不明という者まで賛否両論だった。しかし館数は少なかったがアメリカでの公開では、かなりの評判を収めた。本作についても想像力をかき立てる内容であることだけは間違いないようだ。

映画『しんぼる』は9月12日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]