草なぎ剛、六本木で“お酒”の話題を蒸し返されちゃった!? 反省にファンも声援!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こちらは、廉姫を演じた新垣結衣

 4日、東京・六本木ヒルズアリーナで映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の完成披露会見が行われ、主演の草なぎ剛新垣結衣筒井道隆夏川結衣武井証吹越満、そして山崎貴監督が出席。マスコミ陣に加えて、約300人のファンを前に映画の完成を報告した。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』

 久しぶりにキャスト陣が再会を果たしたとあって、和気あいあいと進行したこの日の会見。吹越が山崎監督の出会いについて、居酒屋で偶然知り合ったとコメントし、司会者がその話題を根掘り葉掘り広げようとしたが、吹越は草なぎの方をチラッと見ると「酒の話題はやめましょうか……」とポツリ。この気づかいを察した草なぎは「反省しています……」と今年4月、六本木の公園で自らの飲酒が引き起こした騒動についてコメントし、ファンから声援を受けていた。

[PR]

 そんな草なぎは、映画の舞台となった戦国時代の生活について「不便なこともあるが、自炊したりご飯もおいしくて健康的。どうですか?」と笑顔で同席するキャストに問いかけたが、少し唐突な質問に夏川は、思わず下を向き苦笑し、新垣も「常に死と隣り合わせ、というのはちょっと怖いですね……」とむしろ否定的。自分の考えが賛同されず、ステージ上で一瞬孤立する草なぎだった。

 『BALLAD 名もなき恋のうた』は、泣ける名作として大人からも高く評価されている映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を原案にした実写時代劇。小国の戦国武将(草なぎ)と姫君(新垣)の身分違いの悲恋が、戦国時代にタイムスリップした主人公の少年(武井)の視点から描かれる感動巨編で、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎監督が再び最新のVFX技術で、過去の時代を見事に再現している。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は9月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]