ミニのセーラー服姿がまぶしい川村ゆきえ、初ワイヤーアクションで思い切りスカートがめくれあがった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミニのセーラー服姿がまぶしい川村ゆきえ(左)、右は乙黒えり

 15日、シネマート新宿にて、映画『吸血少女対少女フランケン』初日舞台あいさつが行われ、主演の川村ゆきえ乙黒えり斎藤工亀山さやか、そして友松直之監督、西村喜廣監督が登壇した。

映画『吸血少女対少女フランケン』オフィシャルサイト

 この日、ホラー映画好きとして知られる主演の川村は役柄に合わせてミニのセーラー服姿で登場。「数年前から制服姿で演技したいと思っていたので、オファーが来たときはうれしくて、『吸血少女の役だよ』って言われたのでもっと喜びました(笑)。わたし血みどろものが大好きなんです!」と今回の役柄に大満足の様子だった。撮影時に印象に残っているエピソードを聞かれると「初めてワイヤーアクションに挑戦したんですけど、そのとき思い切りスカートがめくれ上がりました(笑)。でもその瞬間は使われてないですよ!」とちゃめっ気たっぷりに当事を振り返った。

[PR]

 合宿形式の撮影だったため、共演の乙黒とはすっかり仲良くなったそうで「一緒にお風呂に入って、スチームやパックをしたり……。毎日裸の付き合いをしていました!」とガールズトークに花を咲かせていると、男性キャストの斎藤から「(川村と乙黒の)二人が深夜まで騒いでいたので、自分が宿のスタッフに説教されました」と苦笑しながら告白。それを聞いた川村は「すいませんでした……」とちょっぴりシュンとなっていた。

 『吸血少女対少女フランケン』は、内田春菊のホラーコミックを映画化したスプラッター・コメディー。転校生の美少女吸血鬼(川村ゆきえ)と、一度死んでフランケン少女としてよみがえった女子高生(乙黒えり)が、気弱なハンサム少年をめぐって恋のバトルを繰り広げる様をブラックな笑い満載で描く。

映画『吸血少女対少女フランケン』は、シネマート新宿ほかにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]