常盤貴子、MCに挑戦しペロリ舌出す初々しい表情!艶やかな魅力に視線集中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
失敗しちゃいました!-常盤貴子

 24日、ゆうぽうとホールにて、映画『引き出しの中のラブレター』完成披露試写会と公開ラジオ収録が行われ、主演の常盤貴子林遣都中島知子岩尾望本上まなみ竹財輝之助水沢奈子豊原功補八千草薫三城真一監督が登壇したほか、主題歌を担当したSkoop On Somebodyが生ライブを行った。

映画『引き出しの中のラブレター』写真ギャラリー

 本作でラジオパーソナリティーを演じた常盤は、役柄にちなんでこの日は進行役MCとして、ほかの登壇者より一足先に登場。ピンクを基調とした、花柄のワンピ姿で「今日はみなさんにお会いするということで、おめかししてやってきました!」とキュートにポーズを決めて会場を沸かせた。そして「パーソナリティーっぽくいきますので、よろしくお願いします!」と大はりきりで始めたものの、かんでしまったり、進行の段取りを忘れてしまったり、時おり細かいミスをして笑顔で舌をペロリ。そんな初々しい常盤の進行ぶりに、会場は終始ほのぼのとした雰囲気に包まれていた。

[PR]

 一方、共演の林はこの日黒のスーツ姿でビシっと決めており、これまでの美少年イメージとは異なり、大人の男性に成長しつつあることを印象付けていた。林の父親役を演じた、共演の豊原からも「久しぶりに(林を)見たけど、カッコ良くなった。いい息子に育ってる(笑)」としみじみとした様子で言われ、テレ笑いを浮かべていた。

 『引き出しの中のラブレター』は、「思いを伝えることの大切さ」をテーマにしたオムニバス形式のヒューマンドラマ。ヒロインのラジオパーソナリティー(常盤貴子)が、父の死をきっかけに自ら企画した番組で、全国のリスナーに温かいメッセージを届けることでそれぞれの生活が変化していく様を描く。

この日に行われたラジオ収録は、2009年9月28日にJ-WAVE「ENTERTAINMENT EXPRESS」(22:30~22:40)にてオンエア予定

映画『引き出しの中のラブレター』は、2009年10月10日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]