伝説の俳優ジェームズ・ディーンが南アフリカのCMに甦る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・ディーン - Michael Ochs Archives / Getty Images

 1955年、自動車事故で24歳の若さで亡くなったハリウッドの風雲児、ジェームズ・ディーンが、南アフリカで製作されたテレビコマーシャル「レジェンド」で美しくよみがえった。このCMは、“もしもまだジェームズが生きていたら”というコンセプトで、ジェームズの人生を追うもの。ジェームズは自分の牧場を持ち、好きなスポーツカーに乗り、アカデミー賞では生涯功労賞を受賞、映画監督にも挑戦し、人道大使や反ベトナム戦争運動家として活躍するが、CMのラストシーンでは現実と同じ自動車事故を起こしてしまう。しかしクラッシュの煙が消えると、そこには助かったジェームズがいる、という設定。最後に「もっと時間があったら、どれほどの可能性があっただろう」というセリフが登場する。このCMでは、ジェームズ役の俳優を世界中で探しまわったが、結局ケープタウン出身の自動車修理工、デス・エラスムスさんが演じることに。撮影には14か月かかり、300名のキャストと150名のクルーがかかわった、まさに伝説のコマーシャルとなったようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]