『カイジ 人生逆転ゲーム』が『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』からトップを奪う!-10月13日版

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『カイジ 人生逆転ゲーム』 - (C) 福本伸行・講談社 / 2009「カイジ」製作委員会

 10月の3連休を迎えて20作品以上の新作が公開され、10作品中7作品が新たにランクインするなど、国内ランキングの顔触れが先週より大幅に変わった。公開7週目の映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』はトップから陥落し、6位となった。

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』写真ギャラリー

 今週トップに輝いたのは、福本伸行の人気漫画を実写化した映画『カイジ 人生逆転ゲーム』。友人の連帯保証人になったせいで多額の借金を抱える羽目になった青年が一獲千金を目指して奇妙なゲームに挑むストーリーだ。主演は藤原竜也で、映画『DEATH NOTE デスノート』シリーズで共演した松山ケンイチとの共演もファンの注目を集めるなど、原作ファンのみならず幅広い層に人気を集めたのがトップ入りの要因か。

[PR]

 2位は人気シリーズ最新作となる映画『ワイルド・スピード MAX』。ヴィン・ディーゼルポール・ウォーカーが登場したジャパン・プレミアも話題を呼び、本作の知名度を上げるのに一役買った。世界56か国で初登場1位を記録しただけに日本でも初登場1位獲りが期待されたが、惜しくも2位発進。しかし今後の1位奪還に向けて好位置につけたといえるだろう。

 3位はキャメロン・ディアス主演の感動作映画『私の中のあなた』。白血病の姉のために臓器を提供するドナーとなることを余儀なくされた11歳の少女の物語で、評判も上々。口コミで広がれば上位キープも期待できるかもしれない。4位は東野圭吾のベストセラー小説を映像化した映画『さまよう刃』。そして太宰治の短編小説の映画化で、根岸吉太郎監督が第33回モントリオール世界映画祭監督賞を受賞した映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』は第5位発進。前年の第32回モントリオール世界映画祭グランプリを獲得した映画『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞しただけに、今後の動向が注目される。

 9位には常盤貴子主演の映画『引き出しの中のラブレター』が、10位には手塚治虫原作の「鉄腕アトム」をフルCGアニメーションで描くハリウッド版映画『ATOM』がそれぞれランクイン。そのほか6位の映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』と共に、7位の映画『カムイ外伝』、8位の映画『BALLAD 名もなき恋のうた』が先週から引き続きベスト10圏内にとどまっている。

 今週末公開の注目作は、16日に公開予定のサンドラ・ブロック主演のラブコメ映画『あなたは私の婿になる』、17日に公開される3D映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』、アニメ映画『仏陀再誕』など。来週も引き続きトップ争いに注目だ。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]